フランス一番切手 <セレス>の特別記念発行 を買うならスタマガネット

フランス一番切手 <セレス>の特別記念発行

昨年11月、パリで開催の第73回空きの郵趣サロンでは、フランス切手発行170年を記念し、3つの特別な記念発行が行われました。一番切手「セレス」と現行の普通切手「ディガンのマリアンヌ」が共演した切手帳、「セレス」豪華本、「セレス」スペシャル4面シートの3つです。
切手帳のペーンには、タテ53×ヨコ40ミリという2枚の超特大切手も含まれています。
豪華本は、秋の郵趣サロン会場で特別販売された25面スペシャルシート入りで、オールカラー60ページで限定発行6000部の豪華解説書となっています。
スペシャル4面シートは、紋章彫刻家でもある彫刻家のルイ・プルシエによる自由な解釈で手がけられた「セレス」(額面€5黒)の無目打切手を4枚収めるスペシャルシートとなっています。
こちらでは、この3点の記念発行アイテムと、以前ご案内の切手発行170年無目打20面シート、切手発行170年スペシャルパックも合わせてご案内しています。