中国香港発行 博物館の収蔵品/茶器 を買うならスタマガネット

中国香港発行 博物館の収蔵品/茶器

香港島の中心部・中環に位置する香港公園には、香港最古の西洋建築といわれる旧イギリス軍総司令官邸「フラッグスタッフハウス」があります。1984年にこの建物が改装され、「茶具文物館(茶器芸術館)」としてオープンしました。その開館40周年を記念して発行された切手には、展示品の中から選ばれた17世紀以降のさまざまな茶器が描かれています。「茶器6種」には、贅を凝らした国外への輸出品やフランス製の琺瑯彩のティーポットなどが描かれています。「茶器小型シート2種」は、欧米への輸出用として清代に製作されたティーポット2種が描かれており、一部が茶器の形に切り抜かれた変形シートとなっています。